新型コロナウイルスについて調べてみました。

新型コロナウイルス
こんにちは。セレン福岡メディカルクリニックの看護師です。

ここ数か月で猛威を振るっている新型コロナウイルスについて調べてみました。 まずコロナウイルスとは、発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染するものは6種類あることが分かっています。そのうちの2つは、中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイルスが含まれています。残り4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)の占めます。

現在流行している新型コロナウイルスですがヒトからヒトへの感染は認められていますが、日本国内で、現在、流行が認められている状況ではありません。
風邪やインフルエンザと同様に、まずは、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って口や鼻をおさえる「咳エチケット」や、石けんを使った手洗いなどの感染症対策を行うことが重要です。
現時点で感染経路としては飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。


(1)飛沫感染
感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つば など)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。※主な感染場所:学校や劇場、満員電車などの人が多く集まる場所

(2)接触感染
感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスが付きます。他者がその物を触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染します。
※主な感染場所:電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど


現段階では確立された治療法がない為、予防の段階で食い止めるのが重要のようですね。
通常の風邪と同じように、できるだけ人込みを避け、手洗い・うがいを徹底しマスクの着用で予防率は高まると思います。アルコール消毒も有効なようです。
外的要因の予防としては以上のようなことになりますが、自分自身の免疫力を高めることによってさらにウイルスに罹患しないようにできると思います。
免疫力を高めるには良質な睡眠・バランスの良い食事・ストレスをためないようにする・体を冷やさないなどが挙げられますのでみなさんも実践されてみて下さい。

関連記事

  1. 免疫力

    日本でも緊急事態宣言が下されて約3週間経ちました。

  2. 自然免疫と獲得免疫とは

    自然免疫と獲得免疫とは

  3. ここ数日、全国的にコロナ感染者が増加傾向にあります。

    ここ数日、全国的にコロナ感染者が増加傾向にあります。

  4. 消毒

    今すぐに取り入れることのできる新型コロナウィルス感染予防の対…

  5. ウイルス、細菌、真菌(カビ)の違いとは?

    ウイルス、細菌、真菌(カビ)の違いとは?

  6. 梅雨ですね。

    梅雨入りですね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

電話・診療時間・休診日

電話・診療時間・休診日について

TEL:092-717-2211
診療時間【9:00〜17:00】
休診日【月曜日・日曜日・祝日】

x
error: Content is protected !!