インフルエンザの予防について

インフルエンザの予防について

秋~冬にかけて、これからインフルエンザの流行する時期に入りますね。
今回はインフルエンザとその予防についてお話ししたいと思います。

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴ですが、普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。

インフルエンザを予防する有効な方法としては、以下が挙げられます。

1) 流行前のワクチン接種
ワクチン接種により、インフルエンザウイルスに感染しても、発症する可能性を低減させる効果があります。ウイルスへの感染を完全に抑える働きはありません。
発病後、多くの方は1週間程度で回復しますが、基礎疾患のある方や高齢の方では重症化する可能性が高いと考えられています。インフルエンザワクチンの最も大きな効果は、「重症化」を予防することです。

2) 外出後の手洗い等
インフルエンザは接触・飛沫感染です。流水・石鹸による手洗い、アルコール製剤による手指衛生も効果があります。

3) 適度な湿度の保持
空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。

4) 十分な休養とバランスのとれた栄養摂取
体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう。

5) 人混みや繁華街への外出を控える
インフルエンザが流行してきたら、特に御高齢の方や基礎疾患のある方、妊婦、体調の悪い方、睡眠不足の方は、人混みや繁華街への外出を控えましょう。やむを得ず外出して人混みに入る可能性がある場合には、マスクを着用することである程度の飛沫を避けることができます。

今年の冬は新型コロナも心配ですね。できる対策を行い、感染に気を付けて過ごしたいですね。

関連記事

  1. 免疫力

    日本でも緊急事態宣言が下されて約3週間経ちました。

  2. ここ数日、全国的にコロナ感染者が増加傾向にあります。

    ここ数日、全国的にコロナ感染者が増加傾向にあります。

  3. 冬を健康的に過ごす食生活のポイント

    冬を健康的に過ごす食生活のポイント

  4. 消毒

    今すぐに取り入れることのできる新型コロナウィルス感染予防の対…

  5. 通勤時の感染リスクを減らすために

    通勤時の感染リスクを減らすために

  6. コロナ禍に思うこと

    コロナ禍に思うこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

電話・診療時間・休診日

電話・診療時間・休診日について

TEL:092-717-2211
診療時間【9:00〜17:00】
休診日【月曜日・日曜日・祝日】

x