三大がん治療とは

三大がん治療とは

がんと診断されたら、まず手術や抗放射線治療、抗がん剤治療といった広く行われている治療が勧められます。
これらは「標準治療」と呼ばれ科学的な根拠に基づいて行われます。これらのがん治療は、手術などの「外科治療」、エックス線などの「放射線治療」、抗がん剤などの「化学療法」の3つに分けられるため、「三大がん治療」とも呼ばれています。

これらの治療は、1つだけで実施されることは少なく、状況に応じていくつかの方法を組み合わせることが多くなっています。例えば、手術でがん組織を取り除いてから抗がん剤治療と放射線治療を行い、転移したがんまで退治するケースや、あらかじめ化学療法でがんをある程度小さくしてから(術前化学療法)、手術でがんを取り除く場合もあります。また、手術ができない患者さんには、化学療法と放射線治療を合わせてがんの進行を抑える場合もあります(放射線化学療法)。

化学療法と言えば、以前は入院による治療が主流でした。

最近では、新しい抗がん剤や副作用を抑える薬と長期間の投与に適した医療機器を組み合わせることにより、外来や自宅で化学療法を実施することが可能となりました。癌の種類や症状にもよりますが、仕事を続けながら化学療法で治療を行う人が増えています。

三大がん治療は、どれかが優れていて、そのほかが優れていないということはありません。それぞれの特徴を活かして、患者さんとがんの状態を見極めて、最適な方法が選択されます。

当院で行っている免疫治療は、三大がん治療を基本とした+αの治療です。
手術・放射線治療・化学療法をベースにして、免疫的アプローチからがんと闘っていきます。

がん治療は日々変化しています。

これから治療を始められる方、すでに治療中でほかの治療について模索している方は、ぜひ一度当院へご相談ください。

関連記事

  1. With コロナ(コロナウイルスとの共生・共存)

    With コロナ(コロナウイルスとの共生・共存)

  2. 子宮頸がんワクチン

    子宮頸がんワクチン

  3. 秋バテについて

    秋バテについて

  4. 通勤時の感染リスクを減らすために

    通勤時の感染リスクを減らすために

  5. 緑黄色野菜

    がんを予防できるのであれば・・・・

  6. 新型コロナウイルス

    新型コロナウイルスについて調べてみました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

電話・診療時間・休診日

電話・診療時間・休診日について

TEL:092-717-2211
診療時間【9:00〜17:00】
休診日【月曜日・日曜日・祝日】

x
error: Content is protected !!