手洗いの重要性

手洗いの重要性

みなさん、手洗いの効果を知っていますか?
このご時世、感染予防のために手洗いすることがとても重要だとはご存じだと思いますが実際に、手洗いをすることでどのくらいの効果があるのでしょう。

こちらはノロウイルスに関してのデータではありますが、コロナウイルスやインフルエンザにも通ずるものはあると思います。

手洗いの方

残存ウイルス数(残存率)

手洗いなし

約1,000,000個

流水で15秒手洗い

約10,000個(約1%)

ハンドソープで10秒または30秒もみ洗い後、流水で15秒すすぎ

約百個(約0.01%)

ハンドソープで60秒もみ洗い後、流水で15秒すすぎ

約十個(約0.001%)

ハンドソープで10秒もみ洗い後、流水で15秒すすぎを2回繰り返す

約数個(約0.0001%)

手を洗わない場合、100万個のウイルスが手に残っています。
流水で洗い流すだけでも1万個まで減らすことができます。
ハンドソープで10秒もみ洗い、さらに流水で30秒流すことで、ウイルスの数としては約数個まで減らすことができます。
一方で、ハンドソープでのもみ洗いを長くしてもあまり効果に変わりはありません。
アルコールの使用については、流水で手をすすぐのと同程度の効果との結果です。

手洗いで大切なのは【洗い流すこと】です。
石鹸、ハンドソープでウイルスの脂質を溶かし、手の表面の汚れを落とす効果があり、さらに流水で洗い流すことで手の表面からウイルスを除去してしまいます。

アルコールの使用を盛んに推奨されますが、なによりも手洗いが感染予防においてとても重要です。

また、手洗い、アルコール消毒を行うと手の荒れがひどくなるという方も多いでしょう。
手が荒れやすい方は、皮膚のバリアが弱まり、そこから感染を起こす可能性もあります。
しっかり手洗いをすることが可能であればアルコール消毒は必須ではないと考えます。
ハンドクリームを携帯し、手洗い後のハンドケアまで一緒に行うことをおすすめします。

関連記事

  1. ウイルス、細菌、真菌(カビ)の違いとは?

    ウイルス、細菌、真菌(カビ)の違いとは?

  2. がん検診について

    がん検診について

  3. 通勤時の感染リスクを減らすために

    通勤時の感染リスクを減らすために

  4. ここ数日、全国的にコロナ感染者が増加傾向にあります。

    ここ数日、全国的にコロナ感染者が増加傾向にあります。

  5. 緑黄色野菜

    がんを予防できるのであれば・・・・

  6. 冬を健康的に過ごす食生活のポイント

    冬を健康的に過ごす食生活のポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

電話・診療時間・休診日

電話・診療時間・休診日について

TEL:092-717-2211
診療時間【9:00〜17:00】
休診日【月曜日・日曜日・祝日】

x