マスクの種類別比較(不織布・ウレタン・シールド)

マスクの種類別比較

マスク着用が当たり前に

様々な種類のマスクがあります。種類別に飛沫量を実験したデータがありましたのでご覧ください。

対策方法 マスク無し マスク フェース
シールド
マウス
シールド
 
不織布
布マスク
ウレタン
 
 
吐き出し
飛沫量
     
100% 20% 18~34% 50% 80% 90%
吸い込み
飛沫量
         
100% 30% 55~65% 60~70% 小さな飛沫に対しては効果なし エアロゾルは防げない

この結果を見てみるとやはりマスク着用で飛沫量を抑える効果があるのだと分かります。
ウレタンや布マスクは吐き出し吸い込みともに約50%以上の飛沫がみられるようです。
フェイスシールドやマウスシールドはマスクをつけていない時とあまり変わらないようです。
こうして見るとやはり不織布マスクの効果が一番あるようですね。

コストや着け心地、肌トラブル等の問題が個々あるとは思いますが、自分に合ったマスクの種類と飛沫量を参考に今後も上手くマスク生活に慣れていくことが重要だと思います。

そしていつの日かマスクが必要のない日常が訪れる日を願って今は感染対策に努めましょう。

関連記事

  1. 自然免疫と獲得免疫とは

    自然免疫と獲得免疫とは

  2. 緑黄色野菜

    がんを予防できるのであれば・・・・

  3. 新型コロナウイルスワクチン

    新型コロナウイルスワクチン

  4. 消毒

    今すぐに取り入れることのできる新型コロナウィルス感染予防の対…

  5. ビタミンD

    ビタミンDの働き

  6. 咳はなぜ出るのか?

    咳はなぜ出るのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

電話・診療時間・休診日

電話・診療時間・休診日について

TEL:092-717-2211
診療時間【9:00〜17:00】
休診日【月曜日・日曜日・祝日】

x