ビタミンDの働き

ビタミンD

ビタミンDとは…

ビタミンAやEと同じ脂溶性のビタミンです。水に溶けにくく、油脂に溶けやすい性質があります。
通常ビタミンは、体の中でつくることができないため、食品などから摂取しなければなりません。
しかし、ビタミンDは、食事だけではなく、日光に当たることによって、80%~90%を体内でつくることができるという特性があります。

ビタミンDといえば、カルシウムの吸収を促進し、骨を丈夫にする働きがありますが、「免疫機能を調節する」働きもあります。
体内に侵入したウイルスや細菌などに対して、過剰な免疫反応を抑制し、必要な免疫機能を促進します。
このため、かぜやインフルエンザ、気管支炎や肺炎などの感染症の発症・悪化の予防にも関与することが分かってきました。
その他、がんや高血圧など、さまざまな生活習慣病を予防する効果も期待されています。

ビタミンDの摂り方

1 適度な日光浴

ビタミンDは1日20分程度、日光に当たることで体内でつくることができるので、散歩やウォーキングなど、外に出る習慣をつくりましょう。冬は夏に比べ日差しが弱いため、長めに時間をとりましょう。

2 毎日の食生活

食品から得られるビタミンDには、しいたけなどのきのこ類に含まれるビタミンD2(植物由来)と、鮭などの魚類や卵などに含まれるビタミンD3(動物由来)があります。きのこ類や魚類が苦手な方は、食事にプラスしてサプリメントを併用するのもよいでしょう。ただし、ビタミンDなどの脂溶性ビタミンは体にたまりやすい性質があるので、一度に大量に摂取すること尿路結石の既往のある方は注意が必要です。

関連記事

  1. 梅雨ですね。

    梅雨入りですね。

  2. マスクの種類別比較

    マスクの種類別比較(不織布・ウレタン・シールド)

  3. インフルエンザの予防について

    インフルエンザの予防について

  4. アレルギーの症状発現は体内時計と関連している。

    アレルギーの症状発現は体内時計と関連している。

  5. 運動で免疫力は上がるのか

    運動で免疫力は上がるのか

  6. ウイルス、細菌、真菌(カビ)の違いとは?

    ウイルス、細菌、真菌(カビ)の違いとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

電話・診療時間・休診日

電話・診療時間・休診日について

TEL:092-717-2211
診療時間【9:00〜17:00】
休診日【月曜日・日曜日・祝日】

x