自律神経とは

自律神経とは

自律神経は、からだを最適な状態に保つために働きます。

その時々のからだの状況に応じて、意思とは無関係に自動的に働き、体内をつねにベストの状態に保ち続けています。

例えば...
・暑いときに汗をかいて体温の上昇を抑える。
・運動時に心臓の鼓動を早くして筋肉に大量の血液を送る。
・食後に胃腸の働きを活発にする。
・ホルモンの分泌をコントロールする。 などです。

自律神経のバランスが乱れると、安静にしているのに心臓の鼓動が激しくなる、胃腸の具合がよくない、突然からだがほてるといった、多くの不快な症状が引き起こされます。症状はその人の弱い部分に現れやすく、体質的におなかが弱い人には腹痛や下痢など、肩がこりやすい人にはがんこな肩こりが起きます。いくつもの症状がかわるがわる現れたり、同時に重なることもあります。

自律神経失調症という病名は、医学的には正式な病名ではありません。
なぜなら、自律神経の乱れが関係していそうな症状が現れているだけで、検査値で自律神経の失調が確認できるわけではなく、自律神経の働きを正確に調べる検査方法がないのです。この病気の背景には、精神的ストレスなどの検査では推し量かれない要素が多いためでもあります。

コロナ禍で生活スタイルが大きく変わって、それに対応できず自律神経のバランスを崩してしまったという方もいらっしゃると思います。自律神経失調症は治せる病気です。今の日本は超ストレス社会ですが、散歩や音楽鑑賞、家族とスポーツなどを楽しむなどということはストレス解消に効果的です。交友関係を広げてボランティア活動に参加するのもよいでしょう。リラックスできて楽しいと思える時間、心の充実感を得られる瞬間を大切にしてください。

どうしても辛い場合は、かかりつけ医に相談しましょう。症状に応じて適切な薬を内服したり、一時的に抗不安薬を処方されたり、専門医による自律神経訓練法や精神療法が進められることもあります。

関連記事

  1. 消毒

    今すぐに取り入れることのできる新型コロナウィルス感染予防の対…

  2. 免疫力が低下する生活習慣

    免疫力が低下する生活習慣

  3. 自然免疫と獲得免疫とは

    自然免疫と獲得免疫とは

  4. 三大がん治療とは

    三大がん治療とは

  5. 緑黄色野菜

    がんを予防できるのであれば・・・・

  6. 花粉症

    花粉症について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

電話・診療時間・休診日

電話・診療時間・休診日について

TEL:092-717-2211
診療時間【9:00〜17:00】
休診日【月曜日・日曜日・祝日】

x