免疫力が低下する生活習慣

免疫力が低下する生活習慣

日常生活の中で免疫力が低下してしまう習慣があります。
もし免疫を上げるために何か努力をしているのであれば逆に下げてしまう習慣は今すぐ断ちましょう。そうすることでより効率的に免疫を上げていけるはずです。いくつか紹介していきます。

まず、喫煙です。これは百害あって一利なしで今すぐにやめるべき習慣でしょう。
タバコに含まれる有害物質が体内に入ると様々な障害が起こり、免疫力の低下を引き起こします。
肺に存在する免疫細胞である肺胞マクロファージが損傷を受けることで、機能が著しく低下してしますのです。
さらにタバコ成分にあるニコチンは血管を収縮させる作用があり、それによって免疫細胞が体内を循環しにくくなります。

次にストレスを感じることです。私たちは日常生活を送る中でさまざまなストレスを感じています。受けるストレスが過度なものになると、免疫機能の一つである白血球中のリンパ球のはたらきを低下させます。
リンパ球のはたらきが低下すると、外部から侵入してくる有害物質に対処しにくくなるので免疫力の低下につながります。

そしてもう一つは睡眠不足です。
睡眠不足になると免疫力が低下し、病気になりやすくそして病気になるとまた更に睡眠不足になって悪循環に陥ります。

以上の原因を踏まえた上でそうならないために普段から適度に運動をしてバランスの良い食事を摂る。そして不摂生をしないようにすれば免疫は上がると考えられます。

コロナ禍によってライフスタイルが大きく変化した今、これを逆手にとって免疫の上がる規則正しい生活習慣を取り入れていくのもいいかもしれません。

関連記事

  1. 光免疫療法

    光免疫療法とは

  2. 昨今のがん治療について

    昨今のがん治療について

  3. 病気を防ぐ「腸内フローラ」

    病気を防ぐ「腸内フローラ」

  4. リモートでの医療相談も受け付けております。

  5. がん検診について

    がん検診について

  6. 「風邪」とはなにか

    「風邪」とはなにか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

電話・診療時間・休診日

電話・診療時間・休診日について

TEL:092-717-2211
診療時間【9:00〜18:00】
休診日【土曜日・日曜日・祝祭日】

x
error: コンテンツは保護されています!!