がん検診

がん検診

がん検診には大きく分けて「対策型検診」と「任意型検診」があります。
対策型検診は国が公共的な予防策として行う検診のことです。お住まいの地区から通知をもらって受診する住民検診や職場から通知を受け取って受診する職場検診などがあります。
一方の任意型検診は、検診を受けた個人にがんの可能性があるかどうかを確認することを目的とした検診です。いわゆる人間ドックなどのことです。

検診方法

対策型検診

任意型検診

目的

職場、地域などを対象に、集団全体の死亡率を下げるため、集団の中からがんにかかっている可能性のある人を探す。

個人の死亡リスクを下げるため、その個人ががんにかかっている可能性がないか確認する。

概要

市区町村や職場の健康保険組合などが、予防対策として提供する公共的な医療サービス。検診の費用には公的な補助が出る。

医療機関や検診機関などが任意で提供する医療サービス。検診の費用は基本的に全額自己負担となる(健康保険組合から自己負担額の一部が補助されることがある)

検査方法

がんの死亡率を下げることができると証明されている方法で行う。

がんの死亡率を下げることができると証明されている検査方法で行うことが望ましい。どの検査方法で行うかは、個々の医療施設で対応できるものの中から、個人が選択できる。

検査方法の選び方

検診を提供する機関(市区町村など)が、検診を受けることによりがんである可能性が見つかるメリットとリスク(健康な体に及ぼす可能性があるダメージ)のバランスを考慮した上で決定する。

希望者が、個人で検診を受けることによりがんである可能性がみつかるメリットとリスク(健康な体に及ぼす可能性があるダメージ)のバランスを考慮した上で決定する。個人にとって、最もメリットのある検査方法を選ぶことができる。

費用

公的資金が使用されるため、自己負担額は比較的安価である。(無償で受けられる場合もある)

全額自己負担。(自己負負担の一部が健康保険組合などから補助されることもある。)

このように、対策型検診の場合は国の補助が出るため自己負担が少なく、無償で受けられる場合もあります。
コロナ禍で検診の受診率が低下したとも言われています。万が一に備えて、早期発見の為にも定期的な検診受診をおすすめします。

関連記事

  1. 運動で免疫力は上がるのか

    運動で免疫力は上がるのか

  2. 三大がん治療とは

    三大がん治療とは

  3. 病気を防ぐ「腸内フローラ」

    病気を防ぐ「腸内フローラ」

  4. 自律神経とは

    自律神経とは

  5. 新型コロナウイルス

    新型コロナウイルスについて調べてみました。

  6. 花粉症

    花粉症について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

電話・診療時間・休診日

電話・診療時間・休診日について

TEL:092-717-2211
診療時間【9:00〜17:00】
休診日【月曜日・日曜日・祝日】

x
error: Content is protected !!