昨今のがん治療について

昨今のがん治療について

がんの標準治療を行うにあったって、以前は臓器別または組織型別に、使用される抗がん剤が決められていました。
ところが、それぞれの患者のがん細胞を、遺伝子解析装置で詳しく調べると、がん細胞が持つ遺伝子異常のタイプの違いによって分類することができるということがわかりました。同じ組織型のがんでも、遺伝子異常のタイプが違えば、効く薬が異なる可能性が高いのです。実際にもう認可されている薬も出始めています。

遺伝子検査によって、効く薬と効かない薬をあらかじめ判別することができれば、患者が効果のない治療を受けなくて済むことになり、そのメリットはとても大きく、また、医療費の削減にもつながることが期待されます。

がん治療は近い将来、「この遺伝子異常が原因となるがんなら、この薬にしましょう」といった治療が主流になる時代が来る可能性が高いと言えます。

ただ問題は、すでに多くの方が遺伝子異常の診断を受けていますが、遺伝子変異が分かっても、それに合う薬が見つかる人は10%程度しかいないというところにあります。
しかも、仮に合う薬が運良く見つかったとしても、例えば胃がんにしか保険適用されてない薬だと、大腸がんの人は自由診療となります。ここにも制度の壁があり、治療が受けられる方の幅も狭く、選択肢が限られてきます。

保険診療での治療の限界が取りざたされている今、特にがん治療においてのプレジションメディシンが進んできていると言われています。
その中のひとつにがん免疫療法があり、臨床試験や治験によって科学的根拠に基づいた治療であることを証明できるよう日進月歩しています。

当院でも標準治療と組み合わせながら最新のがん免疫療法を行っております。
患者様ひとりひとりの状況に合わせて、ベストな治療をご提案いたします。

ぜひ一度お問合せください。

関連記事

  1. With コロナ(コロナウイルスとの共生・共存)

    With コロナ(コロナウイルスとの共生・共存)

  2. 食中毒

    食中毒菌の繁殖が活発になる時期

  3. ビタミンCの働き

    ビタミンCの働き

  4. 秋バテについて

    秋バテについて

  5. 自然免疫と獲得免疫とは

    自然免疫と獲得免疫とは

  6. 大腸がん検診手帳

    大腸がんについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

電話・診療時間・休診日

電話・診療時間・休診日について

TEL:092-717-2211
診療時間【9:00〜17:00】
休診日【月曜日・日曜日・祝日】

x
error: Content is protected !!