治療対象① 現在がん治療を行われている方へ


標準治療にプラスアルファで効果を高める新しい治療法があります。
現在、がん治療を行われている方は、手術、抗がん剤治療、放射線治療といった標準治療を主治医と相談しながら行われていることでしょう。がんを治すために効果があるといわれることに前向きに取り組まれているにもかかわらず、なかなか思うような治療効果がでず、治療に疲れてしまった方もいらっしゃるかもしれません。
当院にお越しいただく患者さまの8割以上が、現在主治医のもとで治療を行われており、並行して免疫療法を受けている患者さまです。主治医には免疫療法について積極的な先生、否定的な先生いろいろいらっしゃると思います。最近は抗がん剤と免疫療法の組み合わせで強い副作用を抑えて治療していくことも一般的に広がってきましたが、お世話になっている先生の機嫌を損ねるようなことをしたくないと免疫療法に興味はあるものの、なかなかはじめの一歩を踏み出せなかったという患者さまが数多くいらっしゃいます。

同じような悩みをもった多くの患者さまが来院されています。
当院で行っている”WT1ペプチド” を用いた樹状細胞ワクチン療法は、日本においてすでに7,300例以上の治療実績があり、セレンクリニックグループだけでも3,000例以上の治療実績があります。
治療を行うまでには患者さま自身にご納得いただくこと、主治医にご納得いただくこと、主治医との連携体制を築くこと、とケアすべきことが数多く存在しますが、当院は数多くの実績を積み上げてまいりました。多くの患者さまや主治医と接する中で、患者さまへの負担をできるだけかけずに治療導入できるよう信頼を得てまいりました。

お気軽にご相談ください。
日本では限られた医療機関でしか実施することのできない特許技術WT1ペプチドを用いた樹状細胞ワクチン療法。ほとんどのがんに対して治療効果が期待できるWT1ペプチドによる当院の治療を、まずは説明会や個別の無料医療相談でどんなものか話をきいてみてください。そして、「ご自身に合うのか」、「ご自身と似た症例の方の治療効果はどうなのか」、など気になることを全てご質問なさってください。誠意をもってお答えし、一緒に治療に立ち向かってまいります。

治療対象② がんが転移・進行してしまっている方へ


当院の患者さまの多くは転移・進行がみられます。
「がんが発見された時にはすでにかなり進行していた」、「早期に手術をできたがその後転移していた」という方は当院で治療される患者さまにも多くいらっしゃいます。
がんが進行している場合や一度手術を行った後、再度手術を行うことは困難なケースがほとんどであり、多くの患者さまが抗がん剤による治療を選択せざるを得ません。進行や転移している場合は抗がん剤も強いものが多く、その副作用と長きに渡って付き合っていくことになります。時には抗がん剤の副作用で体の免疫力が低下し、日常生活もままならず、合併症で命を落とされる方がいらっしゃることも事実です。

抗がん剤治療にプラスして治療をおこなうことができます。
当院の治療は抗がん剤に代えて、または抗がん剤と併用して”WT1ペプチド” を用いた樹状細胞ワクチン療法を行っていきます。抗がん剤と併用する際は、当院での治療効果を上げるために免疫力を低下させないよう抗がん剤の種類や量を調整するなど、主治医と綿密な連携が不可欠です。両者の良さを活かす形でバランスを取りながら結果的に治療効果を高めるための方法を考え治療を行っていきます。患者さまによってどういう組み合わせが有効か全く異なるため、画一的な治療方法ではなく、オーダーメイドで患者さま毎に適した治療を提供しています。

電話・診療時間・休診日

電話・診療時間・休診日について

TEL:092-717-2211
診療時間【9:00〜17:00】
休診日【月曜日・日曜日・祝日】

x