腫瘍内科

NK療法

標準治療と免疫療法は併用の時代

標準治療とは、エビデンスに基づいて推奨される治療であリ、国民健康保険でカバーされています。一般的には、手術、抗がん剤、放射錠であり、またその組み合わせになります。これらは主として外部からの力を用いた大治療であるため、手術であれば術後の後遺症、抗がん剤治療であれぱ正常組織のダメージ等、比較的副作用が強いものになります。

【手術】局所療法
・小さく目に見えないがんは治療ができない。
・全身に転移したがんには対応不可。

【放射線】局所療法
・小さく目に見えないがんは治療ができない。
・全身に転移したがんには対応不可。

【抗がん剤】全身痕法
・使い続けることで薬の効果が弱くなったり、効かなくなったりすることがある。
・副作用で継続できないことがある。
・副作用が強い。

腫瘍内科

  1. 樹状細胞ワクチン療法

    樹状細胞ワクチン療法

    標準治療(手術、抗がん剤、放射線)が、主として外部からのカを用いてがんを治療するのに対して、免疫療法は、患者さまの体に備わっている免疫カを最大限活かしてがんと闘うものです。体が本来持つ「免疫」力を用いるため、副作用は非常に少ない治療です。一部の先進医療の適応を除き、国民健康保険の適応外となります。

  2. NK療法

    NK療法

    標準治療(手術、抗がん剤、放射線)が、主として外部からのカを用いてがんを治療するのに対して、免疫療法は、患者さまの体に備わっている免疫カを最大限活かしてがんと闘うものです。体が本来持つ「免疫」力を用いるため、副作用は非常に少ない治療です。一部の先進医療の適応を除き、国民健康保険の適応外となります。

  3. BMR療法

    BMR療法

    標準治療(手術、抗がん剤、放射線)が、主として外部からのカを用いてがんを治療するのに対して、免疫療法は、患者さまの体に備わっている免疫カを最大限活かしてがんと闘うものです。体が本来持つ「免疫」力を用いるため、副作用は非常に少ない治療です。一部の先進医療の適応を除き、国民健康保険の適応外となります。

  4. 活性化リンパ球

    活性化リンパ球

    標準治療(手術、抗がん剤、放射線)が、主として外部からのカを用いてがんを治療するのに対して、免疫療法は、患者さまの体に備わっている免疫カを最大限活かしてがんと闘うものです。体が本来持つ「免疫」力を用いるため、副作用は非常に少ない治療です。一部の先進医療の適応を除き、国民健康保険の適応外となります。

  5. 自己がん組織樹状細胞

    自己がん組織樹状細胞

    標準治療(手術、抗がん剤、放射線)が、主として外部からのカを用いてがんを治療するのに対して、免疫療法は、患者さまの体に備わっている免疫カを最大限活かしてがんと闘うものです。体が本来持つ「免疫」力を用いるため、副作用は非常に少ない治療です。一部の先進医療の適応を除き、国民健康保険の適応外となります。

  6. 人工がん抗原樹状細胞

    人工がん抗原樹状細胞

    標準治療(手術、抗がん剤、放射線)が、主として外部からのカを用いてがんを治療するのに対して、免疫療法は、患者さまの体に備わっている免疫カを最大限活かしてがんと闘うものです。体が本来持つ「免疫」力を用いるため、副作用は非常に少ない治療です。一部の先進医療の適応を除き、国民健康保険の適応外となります。

電話・診療時間・休診日

電話・診療時間・休診日について

TEL:092-717-2211
診療時間【9:00〜17:00】
休診日【月曜日・日曜日・祝日】

x
error: Content is protected !!