なぜ、セレンクリニックグループの免疫療法で変われる?
それは様々ながん患者に対する治療実績に裏付けされた結果があるからです。

がんや免疫の専門家によって選ばれた免疫療法を厳選し、患者さまにお届けしています。
そのこだわりが、患者さまの治療実績に繋がっています。
私たちは、テラ株式会社が10年以上の歳月をかけて開発してきた独自の免疫療法をアジアで先駆けて導入を実現しました。

腫瘍内科

  1. 樹状細胞ワクチン療法

    樹状細胞ワクチン療法

    標準治療(手術、抗がん剤、放射線)が、主として外部からのカを用いてがんを治療するのに対して、免疫療法は、患者さまの体に備わっている免疫カを最大限活かしてがんと闘うものです。体が本来持つ「免疫」力を用いるため、副作用は非常に少ない治療です。一部の先進医療の適応を除き、国民健康保険の適応外となります。

  2. NK療法

    NK療法

    標準治療(手術、抗がん剤、放射線)が、主として外部からのカを用いてがんを治療するのに対して、免疫療法は、患者さまの体に備わっている免疫カを最大限活かしてがんと闘うものです。体が本来持つ「免疫」力を用いるため、副作用は非常に少ない治療です。一部の先進医療の適応を除き、国民健康保険の適応外となります。

  3. BMR療法

    BMR療法

    標準治療(手術、抗がん剤、放射線)が、主として外部からのカを用いてがんを治療するのに対して、免疫療法は、患者さまの体に備わっている免疫カを最大限活かしてがんと闘うものです。体が本来持つ「免疫」力を用いるため、副作用は非常に少ない治療です。一部の先進医療の適応を除き、国民健康保険の適応外となります。

  4. 活性化リンパ球

    活性化リンパ球

    標準治療(手術、抗がん剤、放射線)が、主として外部からのカを用いてがんを治療するのに対して、免疫療法は、患者さまの体に備わっている免疫カを最大限活かしてがんと闘うものです。体が本来持つ「免疫」力を用いるため、副作用は非常に少ない治療です。一部の先進医療の適応を除き、国民健康保険の適応外となります。

  5. 自己がん組織樹状細胞

    自己がん組織樹状細胞

    標準治療(手術、抗がん剤、放射線)が、主として外部からのカを用いてがんを治療するのに対して、免疫療法は、患者さまの体に備わっている免疫カを最大限活かしてがんと闘うものです。体が本来持つ「免疫」力を用いるため、副作用は非常に少ない治療です。一部の先進医療の適応を除き、国民健康保険の適応外となります。

  6. 人工がん抗原樹状細胞

    人工がん抗原樹状細胞

    標準治療(手術、抗がん剤、放射線)が、主として外部からのカを用いてがんを治療するのに対して、免疫療法は、患者さまの体に備わっている免疫カを最大限活かしてがんと闘うものです。体が本来持つ「免疫」力を用いるため、副作用は非常に少ない治療です。一部の先進医療の適応を除き、国民健康保険の適応外となります。

電話・診療時間・休診日

電話・診療時間・休診日について

TEL:092-717-2211
診療時間【9:00〜17:00】
休診日【月曜日・日曜日・祝日】

x
error: Content is protected !!