樹状細胞ワクチン療法(がん免疫療法)は”同じではありません” ~ 特許技術「WT1ペプチド」~


「がんの目印」として、樹状細胞ワクチン作製に用いるのが、人工がん抗原(ペプチド)です。
実際に樹状細胞ワクチン療法を受ける場合、どの「がんの目印(がん抗原)」を用いるかが特に重要です。
なぜなら、免疫細胞ががん細胞を攻撃する際、どの目印(がん抗原)をターゲットにして、攻撃するか?が非常に重要だからです。つまり、より効果的ながんの目印を使うかどうかで、 がん細胞に対する攻撃力が左右されると言えるのです。

人工がん抗原(ペプチド)の種類は無数にあります。がん免疫療法は色々な医療機関で行われていますが、セレンクリニックグループでは、特許技術の「WT1ペプチド」という人工抗原を使用することができます。

以下の表は、2009年に米国の権威ある学会誌「Clinical Cancer Research 」に掲載されたペプチドの順位表です。ここで「WT1」は、世界の専門家により最も優れていると評価されたのです。この人工抗原は特許技術なので、セレンクリニックグループをはじめとする限られた医療機関でしか治療に使用することができません。
(福岡県内ではセレン福岡メディカルクリニックのみです。)

この「WT1ペプチド」は、ほとんどの種類のがんに用いることができる、というメリットがあります。
※一部の血液がんでは使用できません。

いま、人工がん抗原「WT1ペプチド」を用いた樹状細胞ワクチン療法(がん免疫療法)は、世界で最も期待されているがんワクチン治療、特異的がん免疫療法として注目を集めています。

WT1ペプチドの各がん種における発現率

電話・診療時間・休診日

電話・診療時間・休診日について

TEL:092-717-2211
診療時間【9:00〜17:00】
休診日【月曜日・日曜日・祝日】

x