樹状細胞ワクチン療法の特徴


セネクリニックの樹状細胞ワクチン療法
豊富な治療実績と技術・ノウハウにより「最適化された技術」

一般的な「樹状細胞ワクチン」に、高度な改変・改良を重ね、さらにテラの豊富な治療実績と技術・ノウハウを注ぎ込み、がん治療用として最適化されています。

患者さんごとに最適化された「個別化医療(パーソナライズド・メディシン)」です。

特許技術である「WT1ペプチド」抗原を軸とし、NKT細胞標的治療、養子免疫治療、チェックポイント阻害剤療法やサプリ療法等、個々の患者さんのがんに最適化して使用することで、治療効果の期待値を高めています。

持続的な「エビデンス(科学的根拠)の強化」を進めています。

樹状細胞ワクチンの治療効果は、まだ確立されたものではありません。当院を含めたテラ株式会社や理研免疫再生医学株式会社の契約医療機関では、がん患者さんの治療中、治療後の経過を調査し、その結果を複数の専門家が解析し、成果を国内外の主要学会・学術雑誌へ公表しています。今後も継続してエビデンスの強化を進めていきます。

コラム:樹状細胞ワクチン療法の抗腫瘍メカニズム
樹状細胞ワクチン療法に副作用はあるの?
ワクチン接種後の副反応として、注射部位の発赤および微熱を一時的に認めますが、自然軽快いたします。テラ社の技術による樹状細胞ワクチンは現在までに各種癌につき12,000例以上の治療実績があり、海外での樹状細胞ワクチン療法の臨床試験の報告を含め、重篤な副作用は報告されておりません。このため、化学療法、放射線治療、切除など標準治療との併用が可能であり、むしろ腫瘍抗原の放出が予想される標準治療(切除、化学療法、放射線治療)と樹状細胞ワクチンの同時併用でより効率的なCTLの誘導がおこると想定されております。

樹状細胞ワクチン療法はほかの治療とも併用できる?
免疫機能に人工的に働きかける樹状細胞ワクチン療法は、免疫細胞が活性化され、効果が見られるようになるまでに時間を要することから、手術療法や放射線療法、化学療法(抗がん剤)といった標準治療との併用が一般的です。標準治療によってがんを縮小したり消失させたりした上で、樹状細胞ワクチン療法を行うことで、より治療効果が期待できると考えられています。

ただし、がん細胞の勢いとともに免疫力まで低下させてしまう抗がん剤治療などと併用する場合には、ある程度免疫力が回復してきた時期を見計らって、樹状細胞ワクチン療法を用いるといった治療計画が必要とされています。

標準治療との組み合わせのほかにも、近年話題の免疫抑制を解除する治療法との併用や、ほかの免疫療法との併用などの研究も進められています。

樹状細胞ワクチン療法と他の治療法のそれぞれの特性を活かして併用することで、がんの克服へ向けて、さらに強力な治療法となる可能性が秘められています。

電話・診療時間・休診日

電話・診療時間・休診日について

TEL:092-717-2211
診療時間【9:00〜17:00】
休診日【月曜日・日曜日・祝日】

x
error: Content is protected !!