NK細胞療法


NK細胞療法

NK(natural killer)細胞は、がん細胞を攻撃する兵隊役である、リンパ球の一種です。直訳すると『生まれながらの殺し屋』という名前の通り、がん細胞やウイルスに感染した細胞などの異常な細胞を見つけ次第、攻撃します。リンパ球の10~30%を占め、自分以外の細胞を殺してしまうほどの高い攻撃力を持つ細胞です。このNK細胞を患者さんの血液から採取して、キラー活性(細胞を殺傷する能力)を高め、攻撃力を強めてから細胞を点滴注射で戻すのが「NK細胞療法」です。

樹状細胞ワクチン療法は、リンパ球の中のT細胞を教育し、がんのみ作用するリンパ球を体の中に誘導してがんを攻撃します(特異的なキラー細胞)。しかし、がん細胞はこの細胞からの攻撃を逃れようとして、がんの目印の一つ(MHC分子)を隠すことがあり、この場合はT細胞の攻撃をすり抜けてしまうことがあります。これを補完するのがNK細胞なのです。NK細胞は、がん細胞からのがんの目印(MHC分子)を隠したがん細胞を攻撃する性格を持ち、目印を隠したがん細胞をすみやかに感知し「自分とは違う細胞」と考えて攻撃を始めます。
こうしたことから樹状細胞ワクチン療法とNK細胞療法を併用することで、リンパ球の中の細胞のそれぞれの反応の違いを補い合って、よりがんへの高い攻撃効果が期待できるのです。

MHC分子を出しているがん MHC分子を出していないがん
NK細胞(NK細胞療法の攻撃役) 反応しない 攻撃する
T細胞(樹状細胞ワクチン療法の攻撃役) 攻撃する 反応しない

治療方法


1回ごとに採血を行って血液中のNK細胞を採取します。採血後2週間にわたり、NK細胞を活性化・増殖させ、この間に細胞の数は約200倍以上にもなります。こうして、がんに対する殺傷能力を高め、再び患者さんの体内へ戻します。

投与するNK細胞の量は1投与あたり約10億個以上です。約10億個のNK細胞というのは通常の健康な人が持っているNK細胞の総量です。NK細胞の数値は目安であり、培養期間や患者さんの容態によって異なります。 NK細胞を体内へ戻す際には、点滴で行います。

NK細胞療法の特徴


1.樹状細胞ワクチン療法との相性が期待されます。
2.副作用が少ない。
3.無理のない継続治療が可能で、生活の質(QOL)を高く維持できます。
4.再発・転移防止に有効です。

ご用意いただくもの

1. 紹介状(診療情報提供書)
2. 血液検査データ(過去から現在にいたるまでの血液データ)
3. 画像検査データ(レントゲン、CT、MRI、PETなど)
4. 心電図(あればご持参ください。)
5. 薬剤リスト
※上記の資料を準備できない場合でも、無料医療相談は可能です。

電話・診療時間・休診日

電話・診療時間・休診日について

TEL:092-717-2211
診療時間【9:00〜17:00】
休診日【月曜日・日曜日・祝日】

x