世界で広がる遺伝子治療。遺伝子治療が開く。がん治療の新たな可能性・・・。


体内に正常な遺伝子を送り込んで病気を治す遺伝子治療は、1990年に米国において免疫不全症の治療に試みられてから、世界的に研究が進んできました。
近年では、遺伝子治療技術の安全性の向上により、特定の遺伝性疾患に限られていた治療の領域もあらゆる難治性疾患に広がっています。 特に遺伝子の異常が発生のメカニズムに深く関わる「がん」(悪性新生物)の治療については、遺伝子治療研究の対象疾患の64%を占め、多くの研究が進み複数の国で承認製剤が発売されるに至っています。

遺伝子治療の特徴

・治療による苦痛や副作用を伴わない。
・通常の生活をしながら通院での治療も可能。
・他の治療との併用ができ、治療の効果を高める。

私たちはがん細胞の発生を抑制するメカニズムを持っている?


ヒトのカラダを構成する細胞は、化学物質・放射線・紫外線・ホルモンなど絶えず様々な刺激に晒されています。これらは、細胞をがん化させる原因となっています。
細胞は本来、がん細胞の発生を抑制するメカニズムを持っています。この機能は、細胞内の遺伝子にプログラムされており、このプログラムが個々の細胞において毎日適切に働くことで、私たちのカラダは「がん」の発生のリスクから守られています。
がん細胞の発生を抑制するメカニズムがプログラムされた遺伝子を壊してしまうと、細胞はコントロールを失い細胞の増殖が止まらなくなります。

がん抑制遺伝子

細胞本来のチカラでがん細胞を死滅に導く遺伝子治療。


細胞が本来持っている「がん」を抑制するメカニズムは、問題が発生した細胞において、以下の働きをします。
1、細胞の増殖を停止する。
2、壊れた細胞の機能を修復する。
3、細胞を自殺させる。
がん遺伝子治療では、壊れた遺伝子の働きを元に戻すことで本来の細胞の持っているがん抑制メカニズムを再びがん細胞において働かせることで、がん細胞の増殖を停止して自ら死滅に向かわせます。

がん発生のメカニズム

早期から末期、再発予防まで・・・がん治療の新たな可能性。


がん遺伝子治療は、もともと体内に備わっている遺伝子を投与するので、治療による副作用がほとんどありません。(※2)多くの場合は、通常の生活をしながら通院で行われます。
もちろん、抗がん剤や放射線などとの併用も可能です。がん遺伝子治療は多くの症例で抗がん剤や放射線治療の効果を高めるという結果も多数報告されています。
がん遺伝子治療は、これまで標準治療では適応ができなかった末期がん治療や、標準治療と組み合わせて行うことで標準治療の効果を高める治療として、また治療後の再発の予防としてその可能性が期待されています。
※2.ごく稀に、微熱や悪寒などの症状が発生する場合がありますが、これまでに重篤な副作用の報告はございません。

遺伝子治療のしくみ

がん遺伝子治療は、ひとりひとりの「がん」に合わせたテーラーメイド型の治療へ・・・


がん遺伝子治療の特徴のひとつは、様々な「がん」に適応が可能なことです。
しかし、「がん」と遺伝子の関わりは「がん」の種類によって異なることが分かっています。複数の遺伝子を用意して、患者さまの「がん」の種類に合わせてこれらを組み合わせることで、幅広い「がん」に対して適応が可能となっています。
また、「がん」の種類や進行状況、他の治療の状況、患者さまのご希望などもお伺いしながらひとりひとりに合わせた治療プランを提案していきます。転移性の「がん」においても効果があることがわかっております。

適応の可能な「がん」の一例

大腸がん、膵臓がん、甲状腺がん、メラノーマ、腎がん、膀胱がん、前立腺がん、子宮体がん、肺がん、食道がん、胃がん、肝がん、乳がん、子宮頚がん、口腔がん、咽頭がん、卵巣がん、胆道がん 等

電話・診療時間・休診日

電話・診療時間・休診日について

TEL:092-717-2211
診療時間【9:00〜17:00】
休診日【月曜日・日曜日・祝日】

x