低用量免疫チェックポイント阻害剤の治療


これについては主治医の先生の同意・御協力が得られた場合にかぎり可能になっております(この治療のリスク、自由診療で行う事への批判も承知しており慎重に考えております。種々のがんに対しても保険適応が始まっています。保険適応が始まるまでの間は考慮に値すると考えております。

免疫チェックポイント阻害薬(オプジーボ、キイトルーダ、ヤーボイ)で懸念されるような免疫関連有害事象(irAE)の対応してもらえる病院の確保が必須となります。

放射線治療との併用


樹状細胞ワクチン治療は放射線治療と相性がよく、特に同時期、放射線治療に同期して投与を行うことで腫瘍特異的CTLの誘導がより効果的にできます。放射線を照射するとがん細胞の隠れていたHLA-Class I分子の発現が強くなること。放射線を照射するとがん細胞の障害に伴いHMGB1が放出され、樹状細胞を活性化することが想定されています。

放射線照射によるがん細胞のダメージ・細胞死はimmunogenic cell deathとされ、これを樹状細胞が貪食し、抗原提示することでCTLが効率的に誘導されると考えられています。米国ではこの放射線照射と抗CTLA-4抗体(ヤーボイ、CTLの活性化)を同期して併用することで、意図的に治療としてのアブスコパル効果を起こそうという試みが始まっています。われわれの樹状細胞ワクチンも、照射後のこのCTL誘導メカニズムを増強することにつながります。樹状細胞ワクチンには、抗CTLA-4抗体(ヤーボイ)の持つ免疫関連有害事象(irAE)がないため、より安全なアプローチが可能と考えています。

最近では、WT1特異的CTLの誘導には、①放射線療法の前から数回、先行して樹状細胞ワクチン投与開始がベスト、②難しければ放射線療法中もしくは放射線療法後の1-2か月以内に樹状細胞ワクチン投与を開始すると、WT1特異的CTLがより効果的に誘導されるというデータが出つつあります。放射線治療自体は、原発巣にかぎらず、骨転移部分などでも全く問題ありません。こうした放射線治療によるCTLの誘導現象は、以前より、知られていた〝アブスコパル(abscopal)効果〟原発巣の照射後に遠隔部位のがんも消えるという現象のをよく説明できます。

温熱療法との併用


温熱療法は熱ショックタンパク(HSP)の発現を上昇させ、抗原特異的免疫活性を高めること等も報告されています。

セレン福岡メディカルクリニックがん治療マニュアルについて


セレン福岡メディカルクリニックがん治療は、樹状細胞ワクチン療法等の免疫治療を中心に、化学療法や放射線療法を適切に併用して、従来の標準治療以上の効果を得ようとする、コンビネーションがん治療法です。そのコンセプトは、あくまでも『患者の免疫機能を最適化・最大がするがん治療法』です。

進行・末期がん患者の多くは、標準治療から逸脱、いわゆる『がん難民』とよばれ、自分が納得・安心できる治療法を模索しています。標準治療に続く新しい第4の治療として免疫治療法は注目されています。

化学療法や放射線治療は免疫を抑制する作用があり、免疫治療と相反する治療であると考えられてきましたが、最近の研究では、抗がん剤によって、制御性T細胞(Treg)を抑制し、更にはがん抗原やHLAの発現を増強することにより、免疫環境を改善すると報告されています。標準治療と免疫治療は相反する治療ではなく、使用法によっては相性がよく、場合によれば相乗効果を期待できます。

セレン福岡メディカルクリニックは、このような標準治療と相性の良い免疫治療をコンビネーションがん治療法として、患者様・ご家族にとって最良の治療となるように提供するクリニックです。

電話・診療時間・休診日

電話・診療時間・休診日について

TEL:092-717-2211
診療時間【9:00〜17:00】
休診日【月曜日・日曜日・祝日】

x